頬の赤みでお悩みの方におすすめの化粧品をご紹介しています。頬の赤みができる仕組みを分析し、それを解消するのに役立つ成分が配合されている化粧品を厳選しています。どんな成分が配合されているものが良いかということも詳しく解説していますので、参考にしていただけたらと思います。

頬の赤みにおすすめの化粧品とはどんなもの?

頬の赤みを抑えてくれる化粧品選びのコツ
炎症を抑える成分が配合されているもの
頬の赤みは肌が炎症を起こすことによって起こります。ですから、赤みを抑えるためには肌の炎症を抑えるということが必須となります。したがって、炎症を抑える抗炎症成分が配合されているものを選ぶことをおすすめします。
肌のバリア機能を高めてくれるもの
肌のバリア機能が低下すると、外的刺激を受けやすくなります。外的刺激を受けると肌が炎症を起こして頬が赤くなってしまうので、肌のバリア機能を高めることが重要となります。肌のバリア機能を高めてくれるセラミドなどの成分が配合されているものを選ぶことをおすすめします。
角質層を長時間保湿してくれるもの
角質層が水分不足になると、肌は炎症を起こしやすくなります。しかも、乾燥した状態が続くとエイジングが進行してしまう原因にもなりますので、しっかりと保湿する必要があります。ですから、角質層を長時間保湿してくれる成分が配合されているものを選ぶことをおすすめします。

頬の赤みにおすすめの化粧品ランキング

アヤナス
コウキエキスとグリチルリチン酸2Kという2種類の抗炎症成分を配合し、頬の赤みを抑えてくれる化粧品です。外的刺激に負けないように肌のバリア機能を高めてくれるヒト型ナノセラミドを高濃度で配合しています。また、角質層を長時間保湿するために、特許成分であるヴァイタサイクルヴェールやアミノコンプレックスなどの成分が配合されています。
抗炎症成分:◎ バリア機能アップ:◎ 角質層保湿:◎
アスタリフト
高密度Wヒト型セラミドを配合することによって、肌のバリア機能を高めることができる化粧品です。富士フイルムが独自に開発したナノ化技術を使用しているので、浸透力に優れているところがポイントです。水曜コラーゲンを配合しているので、肌の表面をコラーゲンで覆うことができ、水分蒸散を防いで保湿効果を長持ちさせているところも魅力となっています。
抗炎症成分:○ バリア機能アップ:◎ 角質層保湿:◎
セラミディアル
ヒト型セラミド1・2・3・4・5・6Ⅱという6種類ものセラミドを配合した化粧品です。セラミドがたっぷりと配合されているので、肌のバリア機能を高めるのに役立ちます。シアバター・マカデミアナッツ油・ホホバ種子油といった植物油を配合することによって、角質層に水分を閉じ込め、長時間の保湿効果を実現しています。
抗炎症成分:○ バリア機能アップ:◎ 角質層保湿:○
ヒフミド
人の肌に存在するセラミドと同じヒト型セラミドをたっぷりと配合した化粧品です。化粧水やクリームだけでなく、洗顔料にもヒト型セラミドを配合しているので、セラミドを補給するのに役立ちます。肌のバリア機能を強化したい方におすすめできる化粧品となっています。
抗炎症成分:△ バリア機能アップ:◎ 角質層保湿:○
米肌
セラミドを生み出す力を派和アップしてくれるライスパワーエキスNo.11を配合した化粧品です。セラミドをたくさん作れるようになるので、バリア機能を高めることができます。また、空気中から水分を吸収し発効果を高めてくれるグリコシルトレハロースを配合しているので、長時間保湿効果を持続させるのにも役立ちます。
抗炎症成分:△ バリア機能アップ:○ 角質層保湿:○

頬の赤みに最適な化粧品はこちら!

皮膚科医認定の信頼できる化粧品は「アヤナス」です!
2つの抗炎症成分を配合
⇒ 肌の炎症を抑えるために、「コウキエキス」「グリチルリチン酸2K」という2つの抗炎症成分を配合しています。炎症を素早く抑えることができるので、頬の赤みの目立たなくするのに役立ちます。
バリア機能を高めるセラミドを配合
⇒ 肌のバリア機能を高めるために欠かせない「セラミド」を高濃度で配合しています。しかも効果を高めるために、人の肌と同じタイプのヒト型セラミドをナノ化して配合しています。浸透力を高めているので、即効性が期待できるところが魅力となっています。
角質層を長時間保湿できる特許成分を配合
⇒ 角質層の水分が蒸散しないように、水分蒸散を防ぐ特許成分「ヴァイタサイクルヴェール」を配合しています。また、角質層の保湿に欠かせないアミノ酸を複数組み合わせた独自成分「アミノコンプレックス」を配合しています。これにより、角質層を長時間保湿することができます。

抗炎症成分・セラミド・角質層保湿成分の全てが高品質なのは「アヤナス」だけ!